風が頬を撫でていくほんの一瞬、束の間の心模様を切り取って紡いだエッセイ。

essayessay

「これでいい」

 

真っ逆さまに叩き落されてしまう日も。

元の形がわからぬほど鷲掴みにされる日も。

吹きすさぶ寒風に荒らされてしまう日も。

 

生きていれば、その程度のこといくらでもあるんだ。

 

そこに正誤があるのかなど知りようもなく。

自分にとっての優先順位などわからぬまま。

過去と未来のどちらに向かっているのか。

 

長い人生、そんな時期があっても構わないんだ。

 

全部まとめて閉じ込めて「これでいい」と蓋をする。

ぎゅうぎゅう詰めにして、紐をかけて、見ないふりをしておく。

 

失われていくものがひとつふたつ。

崩れていく様は否応なしに視界に入る。

歩き続けてきた道を悔いて座り込んでしまう。

 

行ったり来たり、迷いながらでも何とかなるものだ。

 

蓋を開けようと思う日はくるから。

手に取って眺めて笑える日はくるから。

新しいもので両腕をいっぱいにしたくなる日はくるから。

 

泣くな、負けるな、頑張れ、きっと大丈夫なんだ。

 

蓋がいらなくなったら、大きなリボンをかけよう。

「これでよかった」へと変わった頃に。

Category : essay

コメントを残す





CAPTCHA


Home