風が頬を撫でていくほんの一瞬、束の間の心模様を切り取って紡いだエッセイ。

essayessay

カタチなきもの

 

夢の世界を反芻できる幸せ。

 

水中から光を眺めながら浸り続けることで

与えらるのは一瞬の安寧。

 

幻の世界に引きずり込まれていく

容易い現実逃避。

 

 

求める限り甘い蜜は与えられるけれど

それはいつまでも「幸せ」を成しているのか。

 

どれだけ目を背け続けても

幻であるという事実がぺたりと貼りついたまま

ずっと傍にある。

 

 

けれど最初から味わうことさえ拒んでしまえば

何もせずして虚しさに包まれる。

 

「所詮、夢なのだ」と切り捨ててしまえば

与えられるものなどなくなる。

 

手の中にあるものだけが幸せに届くのか

手に入らなければ不幸なのか。

 

夢の世界に身を投じて溺れ続ける幸せは

それを上回る不幸に飲み込まれてしまうのか。

 

カタチなきものの形を追い求めるのは

尽きることのない欲望。

 

許しを求めながら焦がれる。

Category : essay

コメントを残す





CAPTCHA


Home