風が頬を撫でていくほんの一瞬、束の間の心模様を切り取って紡いだエッセイ。

short-diaryshort diary
, , , , , , ,

栄枯

 

視界に飛び込んでくるのは

キラキラと鮮やかな黄金色の絨毯

 

最後の輝きを放ちながら

少しずつ愁いを帯びてゆく

 

秋晴れの空の下

生涯を全うして土に還る

Category : short diary

コメントを残す





CAPTCHA


Home