風が頬を撫でていくほんの一瞬、束の間の心模様を切り取って紡いだエッセイ。

short-diaryshort diary
, , , , , ,

初雪の日

 

落葉したナナカマド。

鉛色をした寒々しい空の下で、キュッと身を縮こまらせているように見えた。

 

もうじき真白な雪の帽子をかぶる。

北海道は、冬。

Category : short diary

コメントを残す





CAPTCHA


Home