風が頬を撫でていくほんの一瞬、束の間の心模様を切り取って紡いだエッセイ。

photo

降り注ぐ

巻き戻る

  木々の隙間を縫いながら、サクサクと草を踏み鳴らして歩く。 開けたその先には、ただただ広がるばかり